本山タクシー  
     
介護タクシー>> 支援費で介護タクシーを利用

本山タクシー株式会社の介護サービス

>>拡大する
  支援費で介護タクシーを利用
支援費とは、障害をもつ方が自立して日常生活ができるように支援する制度です。利用者である障害をもつ方が、自ら欲しいサービス・サービスを依頼したい事業者を自由に選択し、契約によってサービスを受けることができます。
※サービス受給量、認定を受けたサービス提供事業者から選択する などの条件があります。詳しくは、お問い合せください。

支援費利用における介護タクシーの取扱い(抜粋)
支援費制度においては、居宅介護事業者の指定を受けている介護タクシー事業者が行う通院等の際の一連の介護(部屋からの移動、タクシー乗降の介護、院内での移動・受診等の手続き等)は、「身体介護」の類型として差し支えない。一方、移動介護については、移動中も常時、介護等ができる状態であること、目的地での介護等を含めて行うこと、基準は30分超からの設定になっている。

介護タクシーでは、移動実費は、弊社規程に従って必要となります。必要があれば、介護専任ヘルパーをドライバー以外にご用意します。

身体介護、家事援助等のサービスもご提供いたします。

 
(c) Motoyama-TAXI Co., Ltd. Inc. All rights reserved.